Menu

シフト管理はなるべく平等に

看護師として経験を多く積むことによって、シフト管理を任されることもあります。

同じ職場で働く看護師のシフトを管理していく時は、責任感を持って管理していく必要があり、適切にシフト管理をしなければ、同じ職場の人から不満を持たれる可能性があります。

そこで、シフト管理をしていく時には、なるべく平等に管理していく必要があります。例えば、同じ人が夜勤業務ばかりにならないようにしましょう。夜勤業務が多くなると、夜中の勤務になり体調が崩れやすい可能性があるので、同じ人が夜勤業務ばかりにならないようにうまくシフトを決めていく必要があります。日勤と夜勤を同じぐらいの割合にしていくようにして、なるべく平等な勤務時間と勤務日時になるように管理していくことが大事です。

ただ、アルバイトの中で特定の日時しか勤務できない人も存在するので、その点に注意しながらシフトを決めていきましょう。例えば、昼間しか勤務出来ない人に対して夜勤の勤務を取り入れることになると、当然その人から指摘されるので、それぞれの人の要望に合ったシフト管理をしていくように最大限の努力をしていくことが必要になります。

看護師のシフトを決めることは、看護師の日常生活にも影響してくるものなので、どれだけ多くの人が満足できるシフトを決められるかがポイントとなります。深く考えずにシフトを管理してしまうと、仕事にも影響してくる可能性があるので、シフト管理は重大な任務であることを頭に入れておきましょう。